バンクイック増額審査 主婦でも増額可能? 家に電話来る?

 

バンクイック増額審査よりも消費者金融でお金借りる 深夜の審査は可能?どうしても今お金必要

 

1.大手消費者金融を選ぶ

 

 

2.オペレーターが柔軟な金融会社を選ぶ

 

 

3.対応がいい消費者金融を選ぶ

 

 

バンクイック増額審査は即日融資不可で審査厳しい!?消費者金融新規申し込みで即日融資 当サイトおすすめランキング

 

バンクイックは最近金融庁の管轄の関係もあり、メガバンクに対して審査が非常に厳しくなってきているのが事実で、即日融資が不可能になり、主婦のお金借り入れも厳しくなってきています。

 

今まで三菱UFJ銀行に口座を持っていて、バンクイックのカードを持っていれば別ですが、これから新たに三菱UFJ銀行のカードローン審査を申し込むのはあまりお勧めしません。

 

もちろん増額審査も同様で、追加融資や増額の際には再度審査もされ、在籍確認の電話連絡も100%行われます。

 

そこまでバンクイックにこだわらずとも、プロミスなら初回30日無利息サービスがありますし、SMBCモビットカードローンであれば、WEB完結プログラムで電話なしキャッシングが可能です。

 

下記ランキングを参考にしてみてください。

 

 

・プロミスならオペレーターに相談で勤務先連絡なしで審査
※ご希望に添えない場合もあります。
・プロミス実質年率 4.5%−17.8%
・アドレス登録と、WEB明細利用で30日無利息
・借り入れ3秒診断
・来店不要、即日融資も可能

 

プロミス

 

 

 

 

 

・SMBCモビット金利3.0−18.0%
・SMBCモビットWEB完結で書類なし、職場電話なし
・10秒簡易審査
・来店不要即日融資
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

SMBCモビット

 

SMBCモビット勤務先連絡 詳細

 

 

 

・アイフルの金利 4.5%−18.0%
・借り入れは1000円から
・最高限度額500万円
・最短30分審査完了
・来店不要、即日融資可能で審査
・手続きはネットですべて完結で便利
・提携銀行 セブン銀行、イオン銀行、三菱東京UFJ銀行、西日本シティ銀行、ローソンATM、E−net、親和銀行、福岡銀行、熊本銀行

 

 

 

・アコムは初めての借り入れで初回金利30日無利息サービス
・融資額1万円〜800万円まで
・金利3.0%−18.0%
・スマホ、PCからネットで契約まで完了するので来店不要
・たった3項目の入力で借り入れ可能かわかる3秒診断
・即日振込可能
・24時間ネット、ATMからお金借り入れ、返済が可能なのでとても使いやすい
※アコムオペレーターに相談をしたら、職場連絡をなくせる可能性があります。

 

 

バンクイック増額審査通過の否決 在籍確認は再度ある?増額と他消費者金融新規申し込みどちらがいいか

利用限度額が増えると金利が低くなりますので、多額の借入を必要としない方でも増額をしたいという方も多いでしょう。バンクイックで増額審査を受ける場合には、最初に申込をしてから最短でも半年は空けた方がいいと言われています。

 

良好な利用歴と返済歴を積んで、バンクイックからキャッシング額増額の案内が来ることがあり、たいていの場合は利用歴6〜8ヶ月経過してから通知があったという方が多いためです。自らが手続きをするよりも、案内が来てから申し込んだ方が通過率が高くなります。

 

また、銀行のキャッシングのため、総量規制対象外とは言っても年収の3分の1を基準として考える傾向があるので、最初に申し込んだ時よりも年収が増えた状態の方が望ましいです。つまり、増額審査を申し込む際には昇給したタイミングで行うのがおすすめです。特に、返済等のトラブルを起こしていない方で、心当たりがない場合は申込をしてから数ヶ月程度しか経過していないとか収入に変化がないことが考えられます。

 

バンクイックの口コミや評価サイトを閲覧すると、増額審査で否決を受けたとしても、限度額の減額や利用停止等の処分は受けるケースは多いと見られています。

 

学生や専業主婦でも申込が可能ではありますが、学生は10万円までで主婦なら30万円を超えるキャッシング枠を付けることは非常に難しいことがあるでしょう。銀行のカードローンなので、金利が低く比較的借入がしやすいと思われがちですが、返済能力を考慮して限度枠は低めになっています。

 

正社員の場合は、年収の額に応じて増額できますが、10万円単位での増額を心がけた方が良さそうです。大幅に収入が増えた方は100万円を超える増額も可能ではありますが、審査に通った方の場合は1度に多くの額を申請するのではなく、10〜30万円程度の必要最低限の金額を増額した方が通る可能性が高いと見られています。

 

借入希望額が50万円を超える場合には、収入証明書の提出が必要ですので、虚偽の収入額は記入できないので注意してください。収入証明書は申込をした後に提出しますが、インターネットの利用は難しいです。審査結果が出るまで2日かかります。

 

提出は郵送かファクスでの送信になりますが、急ぐ場合はファクスの方が早くキャッシング枠を増枠できます。

 

申込後に個人用の連絡先で確認の電話が入ることがあります。借入目的などを問われることもありますし、他社の借入についても質問がある場合もあります。他社借入がある場合は、正直に申告した方がいいです。信用情報機関で契約状況や利用状況を見ますので、虚偽の申告をしてもすぐに分かります。

 

他社借入額が多かったり、返済状況に問題があったりすると審査に悪い影響を及ぼします。できればトラブルがない状態の時に手続きをした方がおすすめです。否決になった場合は、申込をした記録が6ヶ月は記載されますので、その間は申込を控えるようにしてください。

 

バンクイックで増額審査を受ける場合には、勤務先への在籍確認が必須となります。新規に申込をした時と同様に、記載した勤務先にかかってきます。増額審査の場合は新規申込よりも基準が厳しくなる傾向にありますので、必須と考えていいでしょう。

 

申し込むにあたり、転職をしている場合には注意が必要です。バンクイック側に転職をしたことを届け出をしていれば問題がありませんが、通知をしていない状態で新しい勤務先を記入すると虚偽記載の扱いとなり否決されることがありますし、利用停止処分になるかもしれません。住所や結婚などによる改姓についても同様です。届け出を先に行ってから手続きをするようにしてください。

 

他に他社からの借入をしていない状態でキャッシングが必要な場合に、バンクイックの増額をするか他の消費者金融を新規申込するかで迷うことがあると思われます。借入限度額が収入の3分の1に満たない状態であれば、消費者金融の借入を検討した方が早くキャッシングできる可能性があります。バンクイックの増額審査は非常に厳しく、大幅な限度額が認められない可能性が高いです。

 

バンクイックからの借入があると、審査が慎重に行われることが考えられます。貸金業の金融機関でも、50万円以上の借入を望んだり、他社と合算して100万円を超えたりすると収入証明書の提出が必要となります。

 

しかし、午前中までに手続きをしておき、収入証明書等の必要書類を用意してすぐにインターネット提出できるよう準備をすることと、在籍確認がスムーズにできるように担当者と時間帯等の打ち合わせをすることなどの対策を行うと、当日中の融資も可能になることがあります。

 

コールセンターに電話をすれば審査を優先的にしてもらえることもありますし、契約機の稼働時間が比較的長いので、ローンカードを発行しやすく、夜間でも借り入れしやすいこともあるでしょう。所定の銀行口座を保有し、健康保険証等の書類が提出できればカードレスで借入ができる金融機関もあります。

 

バンクイック増額審査の流れ とりあえずの増額審査は危険?

 

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」は審査スピードが速く、審査の通過率が高いという特徴があります。そのため多くのキャッシング未経験の方が申し込みをして利用しています。バンクイックは銀行カードローンですが、三菱UFJ銀行の普通預金口座を開設していない方でも申し込みができるというメリットがあります。

 

そのため消費者金融並みに利便性が高くて使い勝手が良い銀行カードローンです。バンクイックに申し込みをする際に、希望限度額が50万円以下の少額であれば原則として収入を証明する書類を提出する必要がありません。急にお金が必要になった場合、運転免許証などの本人確認書類だけでローンカードを作ることが可能です。

 

バンクイックでは限度額が100万円未満だと利率は年13.6%〜14.6%ですが、100万円を超えると10.6%〜13.6%が適用されます。そのため100万円以上の借り入れを予定していない方でも、限度額を引き上げてもらうことで金利を下げることが可能です。

 

バンクイックに申し込みをしてすぐに限度額が100万円を超えることは滅多にありませんが、長期間利用を続ける事で銀行側から限度額アップの提案を受ける場合があります。銀行から限度額を増額することが可能であるという連絡を受ける場合には既に審査が済んでいる状態なので、申込をすればすぐに限度額が増額されます。
バンクイックでは、利用者の側から限度額増額の申し込みをすることも可能です。他社カードローンを解約したり年収額がアップした際に限度額の増額を申し込みをすると、審査に通過する可能性が高くなります。

 

バンクイックを利用していて限度額を上げてもらいたい場合には、インターネットの専用画面にログインして操作するか三菱UFJ銀行第二リテールアカウント支店に電話をして審査の申込みをします。申込をすると審査が実施され、必要に応じて収入証明書類の提出が求められる場合があります。審査に通過すると利用限度額が上がりますが、審査に通過しない場合もあるので注意が必要です。

 

バンクイックは銀行カードローンなので消費者金融のように総量規制の影響を受けることはありませんが、貸金業者よりも低利の銀行ローンです。利用限度額が50万円以下であれば消費者金融と同じように審査に通過しやすいのですが、金額が上がると審査のハードルがかなり高くなります。希望限度額が50万円を超えると、所得を証明する書類を提出することが求められます。

 

電話またはインターネットでバンクイックの増額の申し込みをすると、審査が実施されます。増額審査の流れですが、勤務先に変更が無ければ電話による在籍確認作業は行われません。在籍確認以外は本人の属性や年収額などに基づき、新規に申し込みをした場合と同じ基準で保証会社であるアコムによって審査が実施されます。増額審査でも信用情報機関に登録されている他社からの借り入れや返済状況の照会が行われ、新規に申し込みをする時と同じ流れで審査が実施されます。翌営業日に結果が判明し、電話で連絡が来ます。

 

増額の申し込みをする際に注意すべき点ですが、職場の在籍確認を省略する以外は新規にカードローンの申し込みをした場合と全く同じ基準・方法でスコアリングが実施されることです。新規に申し込みをした時よりも年収額が上がっていたり、他社のカードローンやクレジットカードを解約しているなどの状況の変化があれば限度額の増額が認められる可能性があります。もしも年収額に変化が無く、他社借入状況についても変化が無ければ増額が認められずに以前と変わらない可能性が高くなります。

 

逆に他社からのカードローン限度額やフリーローンの金額が増えていたり年収が減っているような場合には、増額審査を実施することにより限度額が減額されてしまう恐れがあります。仮にバンクイックの返済はきちんと返済を続けていたとしても他社カードローンやクレジットカードの返済が延滞・滞納した記録が信用情報機関に登録されていれば、信用状態が著しく低下したとみなされてバンクイックの利用が出来なくなる場合があります。ちなみに最近は奨学金の返済が遅れた場合でも、信用情報機関に滞納の記録が登録されてしまいます。

 

バンクイックの増額審査に申込みをすると、増額が認められないどころか限度額が減額されたり利用を断られてしまうリスクがあることに注意をする必要があります。増額の申し込みをする際は、他社も含めた返済歴や借入総額を確認しておくようにしましょう。金利を下げたいなどの理由で、安易な気持ちで増額審査に申し込みをすることは危険です。

 

もしも他社のカードローン・クレジットカードで1度でも支払いが遅れたとか、クレジットカードのキャッシングも含めて他社ローンの限度額が増加したなどのローン審査に不利な条件がある場合には、増額審査の申し込みは控えるべきです。増額審査に有利な条件が揃っていて、本当に借入金額を増やしたい場合にのみ申し込みをするようにしましょう。